お知らせ コラム

★「東京都内の空手教室おすすめ64選」★に神楽坂道場が選ばれました。

  1. HOME >
  2. お知らせ >

★「東京都内の空手教室おすすめ64選」★に神楽坂道場が選ばれました。

「東京都内の空手教室おすすめ64選」←こちらをクリック

極真拳武會 神楽坂道場

極真拳武會 神楽坂道場は、東京都新宿区岩戸町にある空手教室。初心者向けのサポートの手厚い道場であり、牛込神楽坂駅から徒歩1分とアクセスも抜群。

武道の基本・精神を軸に、子どもから壮年までが明るく楽しく練習している道場です。礼儀作法を学びながら、自己肯定感の向上、情操教育にも力を入れています。

また、全国大会など各種大会にも積極的に参加。輝かしい成績を数多く残しています。

極真拳武會 神楽坂道場の最新情報と料金はこちら

 

 

「強い子に育てたい」「小さいうちから体の動かし方を覚えさせたい」など、空手教室に興味を持つ理由はさまざま。

ですがひと口に空手教室といっても、環境は千差万別で、流派・指導方針・練習メニュー・指導者の実力などが、教室によって大きく異なります。

そこで今回は、日本の大都市 東京都内にある空手教室のなかから、地域別におすすめの教室をピックアップ。教室ごとの特徴や基本情報をまとめています。

東京は、若者が集まるファッションや繁華街エリア、古きよき下町エリア、ビジネス街のエリアなどが密集しており、人口密度も高め。そのため、そのなかから自分の子どもに最適な空手教室を見つけるのは、なかなか困難です。

まずは記事前半で解説している、空手教室の選び方からご覧ください。

  1. 東京都内の空手教室の選び方|8つのポイントで紹介
  2. 東京都内の空手教室おすすめ64選|23区内と23区外に分けて紹介
  3. まとめ

東京都内の空手教室の選び方|8つのポイントで紹介

東京都内の空手教室おすすめ

どの空手教室を選ぶかによって、指導してもらえる内容などが大きく異なります。

以下に挙げる8つのポイントを押さえて、自分の子どもにとって最適な空手教室を探しましょう。

①対象年齢をチェック

東京都内の空手教室おすすめ

空手教室の多くは、対象年齢を設けています。気になる空手教室が見つかった際には、まず自分の子どもの年齢が、対象年齢に含まれているかをチェックしましょう。

幼稚園の年中あたりから通える空手教室が多い傾向にありますが、なかにはそれよりも小さい段階から通える場所もあります。

通える年齢かどうか、直接問いあわせるのがおすすめです。

②何を学ばせたいかをチェック

東京都内の空手教室おすすめ

空手教室でおこなっている稽古の内容や、指導の方針もそれぞれ異なります。そのため、何を上達させたいのかを、あらかじめ明確にしておく必要があります。

稽古の内容として大きいのが、2人で向かいあって技を出しあう「組手(くみて)」と、個人で技を磨く「形(かた)」の2つ。

組手で強くなりたいのか、形を上達させたいのか、あるいは礼儀作法を身につけさせたいのか。その点を子どもと話しあって、一緒に考えてみましょう。

組手を上達させたい

組手は1対1で向かいあい、お互いが技を出しあう稽古。形よりも実戦的な稽古であり、多くの人がイメージする空手そのもの。

組手が強い子どもに育てたいのであれば、組手の稽古を重視している空手教室を選びましょう。

また、将来的に公式の大会に出場したいと考えているのであれば「全日本空手道連盟(JKF)」に加盟しているかどうかも大切。

なぜならオリンピックやインターハイなどの公式大会では、全日本空手道連盟のルールが適用されるからです。

形を上達させたい

形は1人でおこなう稽古。連続した技を次々に繰り出す、演舞としての色が濃い内容です。

オリンピックの競技としても採用され、日本選手の技術の高さを世界中に示すこととなりました。

また、形は“流派”によってスタイルが大きく異なります。流派のなかで、とくに有名なのが以下の4つです。

  • 和道流(わどうりゅう)
  • 糸東流(しとうりゅう)
  • 剛柔流(ごうじゅうりゅう)
  • 松濤館流(しょうとうかんりゅう)

「せっかく空手を習わせるのだから、有名な流派がいい」という場合は、これら4大流派のいずれかを受け継いでいる空手教室がおすすめ。

とはいえ、流派の名前だけ見ても、どのようなスタイルかはなかなか想像できません。それぞれの流派の形を、動画で観てから決めるのも有効です。

好きな空手選手がいる場合は、その選手が用いている流派を調べてみるといいでしょう。

空手の上達よりも礼儀作法を学ばせたい

東京都内の空手教室おすすめ

空手教室は「あいさつがちゃんとできる」「年上を敬い、年下を気づかうことができる」などの素養を身につけさせる場としてもうってつけ。

空手で強くなるためではなく、礼儀作法を学ぶために通うのもおすすめです。

そして基本的にどの空手教室でも、礼儀作法を重んじる気風があります。礼儀作法を学ばせるのが目的であれば、流派や稽古の内容はそれほど重要ではありません。

見学や体験レッスンに参加してみて、その空手教室に通う子どもたちに礼儀作法がしっかり備わっているかをチェックしてみましょう。

③「伝統派空手」か「フルコンタクト空手」かをチェック

東京都内の空手教室おすすめ

空手には「伝統派空手」と「フルコンタクト空手」の2つがあります。これらは性質がまったく異なる空手であり、どちらを選択するかが重要なポイントです。

伝統派空手

伝統派空手とは、技を“寸止め”で出しあう空手のこと。場合によっては、ケガをしない程度に当たることもあります。

「手や足がまったく当たらないわけではない」ということは覚えておきましょう。

上級者による組手や試合は、目が追いつかないほどスピーディーな攻防が繰り広げられます。

試合はポイント制を採用しており、制限時間内に多くのポイントを得た選手が勝利します。

フルコンタクト空手

フルコンタクト空手は、相手の体に打撃を与える空手。寸止めが基本である伝統派空手にくらべ、より格闘技に近いスタイルが特徴です。

子どもの試合では防具を着用するため大きなケガをすることはありませんが、体にアザができるくらいのことは覚悟しておかなくてはなりません。

有名な極真会館や正道会館もフルコンタクト空手。かなり実戦的な空手であり、心身の強さが磨かれます。

④指導者の質や人数をチェック

東京都内の空手教室おすすめ

指導者のなかには、子どもに対して理不尽な叱り方をしたり、稽古を子どもに任せっきりにしたりといった、安心して子どもを預けられない人がいるかもしれません。

見学や無料レッスンの段階で、指導者の人柄や子どもへの接し方、そして指導の仕方をチェックしておきましょう。

指導者の人数と、通っている子どもの人数も確認が必要です。指導者に対して子どもの数が多すぎると、一人ひとりへの指導が十分にできない可能性があります。

子どもに対して指導者が不足していないか、効率的かつ効果的な指導ができているかを見定めましょう。

⑤練習メニューをチェック

東京都内の空手教室おすすめ

教室により、稽古の内容はさまざま。組手を重点的におこなう場所もあれば、形に特化した指導をおこなう場所もあります。

まずはどのようなことを体得したいのかを考え、その希望を実現できそうな空手教室を選びましょう。

また日ごろの稽古が、試合に出ることを想定したものかどうかも重要です。

どの稽古を重視しているのか、そして試合で勝つための稽古をおこなっているかをチェックしましょう。

⑥教室生の成績をチェック

東京都内の空手教室おすすめ

将来的に大会への出場も考えるなら、しっかり結果を出している空手教室が理想的です。

大会での上位入賞者を数多く輩出していれば、すぐれた指導力を持つ空手教室だといえます。

全国大会や県大会の出場者がいるかどうかも要チェック。自分の子どもが全国大会や県大会に出場できれば、キャリア形成においても強力な武器になり得ます。

しかし、なかには大会へエントリーしない空手教室も。大会への出場の有無を、申し込む前に確認しておきましょう。

⑦月謝などの費用面をチェック

東京都内の空手教室おすすめ

家計に負担をかけずに継続するためには、費用面のチェックが欠かせません。

毎月の月謝に加えて、入会金やその他の費用を大まかに計算しておくことが大切です。

尚、月謝の相場は3,000〜8,000円ほど。教室ごとに月謝の金額や費用の名目が大きく異なるため、入会前にしっかり確認しておきましょう。

「兄弟割引」や「家族割引」など、料金がお得になる割引サービスを実施している教室もあります。

⑧通いやすいかどうかをチェック

東京都内の空手教室おすすめ

無理なく継続するためには、通いやすいことも重要です。

自宅や学校の近く、または普段利用している路線の駅や、通学路から近い場所にあると通うのが楽。

通いづらい場所にある空手教室を選んでしまうと、送迎する必要が生じたり、子どもの自由な時間が削られたりといった不都合が生まれます。

継続して空手を上達させるためにも、負担を可能な限り小さくすることを考えましょう。

-お知らせ, コラム

© 2024 極真拳武會 神楽坂道場